カーリースってどんなもの?中古車購入との違いとは


カーリースの仕組みとは

カーリースとは、車を月々定額で利用できるサービスです。カーリースの利用者はリース会社に毎月決まった金額の料金を支払い、リース会社はディーラーから購入した車を利用者に貸し出す仕組みとなっています。カーリースの特徴は頭金が不要なことです。利用を始めるハードルが低く、まとまったお金がなくても車に乗れるメリットがあります。また、月々の支払額に自動車税や保険金が含まれているのも特徴です。基本的にリース料金のみで済むので維持費による出費がなくなり、家計の管理が楽になります。

デメリットとしては、走行距離が決められていることが挙げられます。走行距離によって車を手放した時の残存価格が左右されるので、1か月平均何キロまでと上限が設定されており、超えてしまうと違約金の支払いを迫られる可能性があります。

カーリースと購入の比較

車を安く手に入れる方法としては中古車購入も考えられます。購入する場合は、走行距離の上限を気にせず好きに乗り回すことができ、車のカスタマイズも自由に行えるのがメリットとなります。しかし、購入時には初期費用がかかりますし、税金の支払いなどで月々に支払う料金が一定にならない注意点があります。カーリースが向いているのは、初期費用のためにまとまったお金を用意するのが難しい方です。長距離運転はしないけれど通勤などで車が必要だという方にもカーリースはおすすめです。一方、車に乗る頻度が高く、車の状態を気にせずに運転を楽しみたいという場合には購入の方が向いているでしょう。

中古車は、価格帯が新車よりも低いところや納車が早いこと、生産終了の車も購入できるなどのメリットがあります。

Back To Top